医療系(歯科・クリニック)におすすめなWordPressテーマ

歯科やクリニックなどの医療系サイトもWordPressを使って構築するサイトが増えてきました。

医療系サイトでは、レスポンシブでスマホにも完全に対応し、SEO(検索エンジン最適化)もしやすいテーマがおすすめです。

地域でNo.1のサイトを目指せるように、見た目以外にもこだわって作られたしっかりとしたテーマを選びましょう。

医療系サイトに必要なコンテンツ

一般的な歯科やクリニックのサイトでは、医院の紹介ページの他、診療内容やアクセスなどの基本情報は必須です。

それに加え、治療方針やコンセプトなどを含めた医院の特徴を目立つように見せると、患者さんに特徴を伝えやすくなります。

特に院長やスタッフや、院内の様子の写真や映像があると安心感を与えることができます。

実は医院を選ぶ際のポイントは、コンテンツのボリュームよりも信頼性が重要です。

医療系サイトを作る際の注意点

ガイドラインを遵守する

医療系サイトの最大のポイントは、掲載するコンテンツの全てにおいて厚生労働省が作成している医療広告ガイドライン」を遵守しなくてはならない点です。

平成29年まではホームページと広告は別のガイドラインで扱われていましたが、今では原則、ホームページは広告として見なされるため、この医療広告ガイドラインの対象になっています。

参考 医療広告ガイドライン(PDF)厚生労働省

Google広告等もこのガイドラインに基づいて運用されているので、このガイドラインに違反するようなサイトは上位表示が難しいと考えた方が良いでしょう。
どんなことが書かれているかをしっかり理解しておきましょう。

この他にも日本医師会や、歯科の学会なども独自のガイドラインを策定しています。

わかりやすく作る

必要な基本情報は見やすく、わかりやすい位置に配置しましょう。

特にスマホからアクセスするユーザーが多いので、診療時間やアクセス、電話番号はスマホ画面で見つけやすい位置に配置することが重要です。
テーマによってパソコンでの表示とスマホでの表示に違いがあるので、スマホでの表示を必ず確認しましょう。

写真や動画も来院してもらえるかどうかの大きな要素になるので、しっかりと見せる工夫をしましょう。

予約機能は外部ツールにする

WordPress上に診察予約などの機能を構築するのは向いていません。
外部の予約管理ツールなどを活用することをおすすめします。

医療系向けテーマ3選

医院やクリニックにおすすめなデザインテーマをご紹介します。

病院・医療機関向け「CURE」

機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
操作性
(4.0)

清潔感のある印象を与えるデザインで、医療機関に必要なクリニック紹介、診療内容、スタッフ紹介などが見やすく整理されています。
アイキャッチ画像付きでブログも更新できるデザインテーマです。

デモサイトではデンタルクリニックを想定して作られています。

トップページの上部にはコンセプトを表示させるレイアウトになっています。


美容系クリニック・エステ向け「NOEL」

機能性
(4.0)
デザイン性
(4.0)
操作性
(4.5)

「NOEL」は美容医療やエステサロン、コスメなど美を強調することができるデザインテーマです。

特に画像を多用するサイトに向いているので、画像の質によってサイトの印象が左右されます。


高機能な医療サイト向け「BIRTH」

機能性
(4.5)
デザイン性
(4.5)
操作性
(4.5)

BIRTHには、医院サイトでよく見かける「診療科目」「よくある質問」などのページをカスタム投稿として管理できるようになっているので、プラグインソフトやカスタマイズは必要ありません。

医院サイトに必須のページはこのテーマでスタイリッシュに作成することができるようになっています。

このデザインテーマは、他の医院とデザインや機能でちょっと差をつけたいという場合に適しています。
ヘッダー部分には動画を掲載することができ、シンプルでありながらダイナミックな印象を与えることができるデザインテーマになっています。
TCDテーマの全テーマ比較【ジャンル別一覧】