シン・レンタルサーバーの評判と4つのデメリット

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーから2021年にサービスを開始した新しいレンタルサーバーです。(旧名称はwpXシン・レンタルサーバー)

シン・レンタルサーバーのどこがおすすめなのでしょうか?
シン・レンタルサーバーはエックスサーバーをベースに更に進化した注目のサーバーです。早速、実際に契約をして使ってみました。

12ヵ月利用の場合は月額880円で利用できます。

この記事を読むとわかること
シン・レンタルサーバーの特徴
プランとデメリット
シン・レンタルサーバーをお得に申込む方法

この記事では実際にシン・レンタルサーバーに申し込みをしてWordPressをインストールするまでの流れを解説します。

シン・レンタルサーバーとは

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーと同じシステムを採用し、高速化に特化したレンタルサーバーです。

エックスサーバーの姉妹サービスのような位置づけです。




公式サイトを確認する

現在のキャンペーン
2022年7月7日までの期間限定で利用料金30%OFFキャンペーンを行っています。

シン・レンタルサーバーの4つの特徴

シン・レンタルサーバーの4つの特徴
  • エックスサーバーのシステムを採用
  • エックスサーバーより安い
  • KUSANAGIで高速化を実現
  • 他のユーザーの影響を受けない

エックスサーバーのシステムを採用

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーをベースに進化したサービスなので、管理ツールなどもエックスサーバーと同じです。

これまで220万件以上の契約実績があるエックスサーバーのノウハウを活用して運営されています。

管理画面もエックスサーバーとほぼ同じです。

シン・レンタルサーバーの管理画面

エックスサーバーより安い

シン・レンタルサーバーは月額770円~利用できるので、エックスサーバーよりも安いです。

シン・レンタルサーバーは初期費用が無料なのでエックスサーバーよりも安くWordPressブログを運用することができます。

※エックスサーバーは初期費用が3,300円かかります。

価格表を見る

KUSANAGIで高速化を実現

シン・レンタルサーバーでは世界最速クラスの表示速度を実現するために「KUSANAGI(クサナギ)」の高速化技術を導入しています。

KUSANAGIを導入するには通常はVPSサーバーが必要ですが、共用サーバーでも利用できるように対応したサーバーです。
シン・レンタルサーバーにはKUSANAGIが標準搭載なので、設定は不要です。

それ以外にもブログのパフォーマンスを向上させる機能や最新のCPUを搭載している超高性能サーバーです。

他のユーザーの影響を受けない

シン・レンタルサーバーでは他のユーザーの影響を受けずに安定したサービスを利用できます。

普通の共用サーバーは他のユーザーによる影響を受けることがあります。

シン・レンタルサーバーではCPUやメモリーなどのリソースが個別に管理されているため他のユーザーの影響を受けないのが特徴です。

せっかくWordPressブログを始めたのに遅くて使いづらい、ということがなく快適に使えます。

シン・レンタルサーバーの4つのデメリット

シン・レンタルサーバーの4つのデメリット
  • プラン変更はすぐにできない
  • メモリに制限がある
  • 利用者が少なく情報も少ない
  • リソース不足がわかりづらい

プラン変更はすぐにできない

シン・レンタルサーバーのプランはすぐに変更することができません。

翌月から上位プランに変更する場合は、前月の1日~20日までにプラン変更の申請が必要です。
急にアクセスが増えるのですぐにプランに変更したい場合には対応できません。

プラン変更がすぐにできないのはエックスサーバーと同じですね。

すぐにプラン変更することは無いと思うので問題ないですね。

メモリに制限がある

シン・レンタルサーバーにはプランごとにメモリの上限が定められています。
複数のWordPressを入れたりするとページの表示速度が遅くなる場合があります。

エックスサーバーではサーバー全体でメモリを管理しているため、シン・レンタルサーバーのようにユーザーごとに確保されていません。

リソースモニターという表示で現在のメモリーやCPUの利用状況を確認できます。
もし上限に近づいている場合はプランのアップグレードを検討しましょう。

利用者が少なく情報も少ない

220万サイトに利用されているエックスサーバーに比べると、シン・レンタルサーバーは最近サービスを開始したサーバーのため、利用者が少ないです。

利用しているユーザーが少ないため、ウェブ上の情報もまだ少なめです。

リソース不足がわかりづらい

サイトにアクセスが急増した場合に、サーバーパネルから状況を確認できますが、わざわざ自分で確認しなければブログのリソースの状況が分からないというのもデメリットです。

自動で上位プランに変更したり、リソースが不足していることに気が付かないため、またにはリソースの状況を確認する必要があります。

エックスサーバーとの違い

「シン・レンタルサーバー」は「エックスサーバー」に比べて新しい機能を迅速に導入するために生まれたサービスです。
「エックスサーバー」は安定性を重視していますが、「シン・レンタルサーバー」は安定性よりも革新性を求めて作られたサービスで、エックスサーバーよりも高速です。

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの比較はこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーより安くて速い!?シン・レンタルサーバーとの比較

エックスサーバーの詳細はこちらの記事にまとめています。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判。使った感想と3つのデメリットとは?

プランと料金

シン・レンタルサーバーには全部で4つのプランがあります。

各プランの違い

プランごとの違いはディスク容量、CPU、メモリ、転送量目安の4項目だけです。

契約期間ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
容量
300GB400GB500GB600GB
CPU仮想6コア仮想8コア仮想10コア仮想12コア
メモリ8GB12GB16GB20GB
転送量目安900GB/日1200GB/日1500GB/日1500GB/日

これから始める初心者は一番安いプランでいいですか?
はい。一番安いベーシックプランから始めるのがおすすめです。
十分な機能があり、必要であればあとでプラン変更もできます。

プラン比較表を見る

月額料金

シン・レンタルサーバーの月額料金は契約期間が長いほど安くなります。

契約期間は始めは3ヵ月だけでもいいのかしら?
独自ドメインの更新と同じ12ヵ月契約にするのがおすすめです。1年間で10,560円で利用できます。
(880円×12ヵ月=10,560円)

契約期間ベーシックスタンダードプレミアムビジネス
3ヶ月
990円1,980円3,960円7,920円
6ヶ月
990円1,980円3,960円7,920円
12ヶ月
880円1,780円3,560円7,120円
24ヶ月
825円1,650円3,300円6,600円
36ヶ月
770円1,540円3,080円6,160円

現在のお得なキャンペーン

シン・レンタルサーバーでは随時お得なキャンペーンを展開しています。

最新のキャンペーンは公式サイトをチェックしてください。

公式サイトを確認する

シン・レンタルサーバーでWordPressブログを始める方法

シン・レンタルサーバーでは簡単にWordPressブログを始められるような機能があります。

申込みは公式サイトから進んでください。

シン・レンタルサーバーの申込みに必要なもの
電話番号
 電話番号の認証が必要です。
クレジットカード
 WordPressクイックスタートの場合、クレジットカードが必須です。
5分もかからず申込みが完了します。

シン・レンタルサーバー公式サイト


STEP.1
申し込み内容の選択
初めての方は「今すぐスタート」の方を選択します。

プランを選択し、ドメインの契約内容を入力します。

サーバーID:変更不要です。

プラン:おすすめはベーシックです。

WordPressクイックスタート:「利用する」を選択します。

サーバーの契約期間:12ヵ月がおすすめです。

取得ドメイン名:取得したいドメインを入力して空き状況を確認しましょう。

ブログ名:後で変更できるので仮の名前でOKです。

ユーザー名:WordPressのログイン時に使うユーザー名です。半角英数字で設定してください。

パスワード:WordPressのログイン時に使うパスワードです。後で変更できます。

メールアドレス:WordPressのユーザー情報として必要です。
STEP.2
アカウント情報の入力
シン・レンタルサーバーに登録する申込者の情報を入力します。

メールアドレス:ここで入力するアドレスはシン・レンタルサーバーに登録するアドレスです。

パスワード:シン・レンタルサーバーの管理画面に入るためのパスワードです。

その他の登録情報:サイトには公開されませんので正しく入力しましょう。

次へ進むと入力したメールアドレス宛に確認コードが送られます。
届いた確認コードを入力します。


入力した内容に間違いがないかを確認して申込みをします。
STEP.3
完了
これでシン・レンタルサーバーへの申込みが完了します。

支払い設定をしないと情報が消えてしまうので忘れずに支払いをしましょう。

STEP.4
お支払い
料金の支払いはアカウントにログインしてからです。
ログイン後、画面右上にある「料金支払い」から進みます。

契約期間を選択し、支払方法を選択する画面に進みます。


カード払いを選択するとカード情報を入力する画面になります。

入力したカード番号に間違いがないかを確認して「支払いをする」をクリックします。

支払いを完了するとこのように表示されます。

この通り進めれば特に難しいことはなさそうですね。
シン・レンタルサーバーの管理画面

シン・レンタルサーバーの管理画面はエックスサーバーの管理画面とほぼ同じです。

まとめ

シン・レンタルサーバーはエックスサーバーよりも安くて速いサーバーなので、これからWordPressブログを始める方におすすめのレンタルサーバーです。

2021年にリリースされたばかりの新しいサービスなので、デメリットなどの情報がまだあまりないのも特徴です。

エックスサーバーの評判はこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判。使った感想と3つのデメリットとは?

エックスサーバーとシン・レンタルサーバーの比較はこちら
エックスサーバーより安くて速い!?シン・レンタルサーバーとの比較

よくある質問

KUSANAGIとは、プライム・ストラテジー社が開発、提供しているWordPressを高速にするためのサービスです。

クチコミ

★★