記事内に広告を含む場合があります。

エックスサーバーのバックアップと復元方法・手動と自動の違い

  • エックスサーバーのバックアップ機能とは?
  • 自動バックアップと手動バックアップの違いは?
  • バックアップから復元する方法を知りたい

WordPressブログを運営していて万が一、データが壊れてしまったり、消えてしまったりすると困りますよね。

さらにバックアップデータを使って元の状態に復元する作業は初心者には大変な作業です。

エックスサーバーには
自動バックアップ機能
手動バックアップ機能
2種類のバックアップ機能があります。

バックアップが大切なのはわかるけど、初心者には難しそうですね。
エックスサーバーなら自動でバックアップを取ってくれるので特別な設定は不要です。

普段はあまり気にすることがないバックアップですが、万が一の時に正しく使えるように、機能を理解しておきましょう。

この記事を読むとわかること
エックスサーバーのバックアップとは
自動バックアップ機能の特徴
手動でバックアップを取る方法
バックアップから復元する方法

この記事ではそれぞれの使い方とメリット、実際の復元方法までを解説します。

万が一の時に復元するためのバックアップなので、復元のしやすさも重要です。

エックスサーバーの評判や口コミについてはこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判と実際の口コミ。デメリットも徹底解説

バックアップ機能とは?

バックアップ機能とは、サーバー内のデータを別な場所に保存し、万が一トラブルが発生した時にバックアップしたデータを使って復元できるようにしておくことです。


エックスサーバーでは、サーバーの故障やその他トラブルに備え2台のハードディスクに同時書き込みをしデータを2重に保存しています。

さらにその上で、すべてのデータのコピーを1日1回バックアップ専用のサーバーに自動でコピーを作成しています。

万が一、データが消失してしまった場合はこのバックアップ専用のサーバーからデータを復元できるようになっています。

14日間分のデータが保存されているので、過去14日以内であれば任意の時点に復元することができます。

バックアップ機能のポイント

レンタルサーバーごとにバックアップの機能は異なるので以下のポイントを確認しておきましょう。

バックアップ機能を確認するポイント
バックアップされるデータの範囲
バックアップしたデータの保存期間
バックアップと復元にかかる費用
万が一の際の復元手順

バックアップされるデータの範囲

バックアップの対象となる領域を分けると、
WEBデータ」「データベース」「メール
の3つの領域があります。

Webデータ:対象はウェブサイトの表示に関わる全てのデータ。

データベース:データベース内のデータが対象。

メール:サーバーに保存されているメールのみが対象。

一般的なレンタルサーバーではメール領域はバックアップの対象に含まれていない場合がありますが、エックスサーバーではメールもバックアップの対象として取得されます。

データの保存期間

データが保存されている期間が長ければ長いほど、以前の状態に戻す範囲が広がります。

エックスサーバーではすべてのデータを過去14日間分まで自動で保存されています。

復元する場合は、どの日の時点に復元するのかを選択できます。

バックアップの費用

どのサーバーでもバックアップは無料で行えるのが一般的です。

しかし、バックアップされたデータを取り出す際には手数料がかかったり、復元するための費用が有料の場合もあります。

エックスサーバーの場合はすべてのバックアップデータを無料で取得できます。

データの復元作業

バックアップを取ることよりも復元する方が大変な作業です。

残念ながら完全に元の状態に自動で戻してくれるサービスはないので、あらかじめ復元する場合の作業を確認しておきましょう。

手動でバックアップを取る方法

エックスサーバーは、サーバー内のデータを手動でバックアップする機能もあります。

サーバーパネルにログイン後、「バックアップ」のメニューを開き、「手動バックアップデータ作成」のタブを開きます。
各ディレクトリごとに「作成とダウンロード」ボタンが表示されているのでこれをクリックすると直ちにデータのダウンロードが開始されます。


ダウンロードされる圧縮ファイル形式は「.tar.gz」です。

バックアップから復元する方法

万が一の場合は、バックアップしたデータから復元をする必要があります。

復元できなければバックアップの意味がないので、手順も確認しておきましょう。

エックスサーバーではバックアップしたデータから、簡単に復元できるようになっています。

STEP.1
バックアップを選択
サーバーパネルにログインし、メニューの中から「バックアップ」を開きます。

STEP.2
復元するデータを選択
「自動バックアップデータからの復元」を選択し、任意の日付を選択します。
復元方法の項目で「対象を指定して復元」を選択するとディレクトリごと、領域ごとに指定できます。

チェックをつけて確認ボタンをクリックします。
STEP.3
復元の確認と確定
  
STEP.4
バックアップのステータス
状況の項目には「実行中」と表示されます。
STEP.5
バックアップの完了
状況の欄に「正常完了」を表示されれば無事に復元が完了しています。

まとめ

他のレンタルサーバーにもバックアップ機能はありますが、ここまでバックアップのサービスが充実していれば十分安心して利用できると思います。

できるだけバックアップデータが必要な状況にならないように日ごろからセキュリティ対策をするなどしておきましょう。

エックスサーバーの評判やデメリットはこちらの記事でまとめています。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判と実際の口コミ。デメリットも徹底解説

mixhostのバックアップ機能も充実しています。
mixhostのバックアップと復元方法・WordPressのバックアップ

ConoHa WINGの自動バックアップ機能も無料です。
ConoHa WINGの自動バックアップ機能と復元方法

ロリポップのバックアップは有料オプションです。
ロリポップの評判やデメリットはこちらをご覧ください。
ロリポップの評判と口コミ・おすすめのプランは安いけど遅い?

バックアップについての口コミ

WordPressの画面が真っ白になって管理画面も開けなくなると焦りますよね。
でもそんな時はサーバーにログインして直接プラグインを削除したり、サーバーのバックアップから復元することで回復できます。