「エックスサーバー」vs「mixhost」実際に使って比較してみた

WordPressでサイトを作るとき、まずレンタルサーバーの選定が重要です。

少し検索して調べた方は
・エックスサーバー
・mixhost
・ConoHa WING
のいずれかが良いと感じていると思います。

いずれのサーバーでも問題はないのですが、それぞれ若干の違いがあります。

この記事ではその中でも、エックスサーバーとmixhostの違いについて、実際に現在も利用している経験から解説していきます。

比較の条件

まず比較する条件として、どちらも様々なプランが用意されていますが、最安のプランで比較してみました。
どちらのサーバーも一番安いプランでも、普通のブログサイトでは十分なスペックがあるので問題ありません。

エックスサーバーは「X10」プラン、mixhostは「スタンダード」プランでの比較です。

この記事は2020年11月20日時点の情報をもとにまとめています。
細かいスペックやサービスは随時変更されていきますので、最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認ください。

エックスサーバー公式サイトへ

mixhost公式サイトへ

スペック比較表

まずは基本的な機能・スペックを一覧で見ましょう。
同じ部分はすべて省略し、違いがある箇所のみ表にしました。

契約・料金

※それぞれキャンペーンを随時開催しているのでキャンペーン価格は省いて比較しています。

 エックスサーバーmixhost
初期費用3,000円無料
月額費用
(12ヵ月契約)
1,000円980円
月額費用
(24ヵ月契約)
900円930円
月額費用
(36ヵ月契約)
900円880円
無料お試し期間10日間30日間返金保証
支払方法・クレジットカード
・銀行振込
・ペイジー
・コンビニ払い
・クレジットカード
・銀行振込
・PayPal
プラン変更上位への変更は翌月
下位への変更は
契約期限月の翌月
即時

月額料金については大きな差はありませんが、契約期間によって月額が若干違います。

mixhostは常時初期費用がかからないので、年間にすると差が大きくなります。

どちらも3ヵ月からのプランがあり、長期契約ほど月々の料金が割引かれるので最低でも12ヵ月程度のプランをおすすめします。
mixhostの料金プランの違いを徹底解説 随時お得なキャンペーンを展開しているので、最新のキャンペーンについてはこちらをご覧ください。
エックスサーバーはキャンペーン中の申込みがおすすめ mixhostのお試し体験とキャンペーン内容について

機能・サービス

 エックスサーバーmixhost
OSLinuxCloudLinux
CPUAMD EPYC(Rome世代)Intel Xeon 36コア72スレッド
メモリ512GB256GB
ディスク容量200GB250GB
転送量目安300GB/日6TB/月
自動バックアップ
(Web・メール)
過去7日分過去10日分
WebサーバーソフトnginxLiteSpeed
データセンター国内東京都内
簡単インストール機能WordPress
EC-CUBE
PukiWiki
WordPress
など多数
メーリングリスト作成×
メールマガジン作成×
エックスサーバーとmixhostではサーバーのスペックには大きな差はありません。

ディスク容量も200GBも使うサイトなどはほとんどないので、ほぼ無制限と考えて良いでしょう。

サポート

 エックスサーバーmixhost
お問合せ方法メール
電話
メール
初心者にとってはサポートが充実している方が安心です。
メールサポートは24時間真夜中でもメールの返信が来ます。

エックスサーバーでは電話対応をしているので、すぐ電話で解決したいという場合は営業時間内なら電話で解決することができます。

その他

 エックスサーバーmixhost
運営会社エックスサーバー株式会社アズポケット株式会社
運営歴
2003年7月~

2016年6月~
国内シェアNo.1
(180万件)
不明
運営歴がダントツに長い分、実績が豊富なのはエックスサーバーです。
エックスサーバーには安定な運用を行うためのノウハウが蓄積されているはずです。

エックスサーバーの長所

  • 抜群の安定感
  • 電話サポートがある
  • WEBフォントが利用できる

抜群の安定感

エックスサーバーは国内シェアNo.1で180万サイトの実績があります。

スピードも高速で機能も十分なのに加え、サポート体制がしっかりしているので安定したサービスを提供している老舗サーバーです。

多くのユーザーは一度エックスサーバーを使うと乗り換えたりすることはないと思います。



サーバーが安定しているというのは、ダウンしたり障害が発生する頻度が少ないということです。

どのサーバーも24時間365日稼働することを保証しているものではなく、メンテナンスなどによってサイトが開けなくなってしまったり、突然の不具合でサイトが表示されなくなることがあります。
これがエックスサーバーの場合、限りなくゼロに近いのが特徴です。

電話サポートがある

WEBフォントが利用できる

実際に使って実感したエックスサーバーの評判について

エックスサーバーの短所

エックスサーバーにはほとんど短所はないのですが、挙げるとすれば契約プランの変更が柔軟にできない点です。

mixhostの長所

  • 初期費用が無料
  • LiteSpeedで高速化を実現
  • HTTP/3に対応

mixhostの短所

まとめ

エックスサーバーとmixhostサーバーのそれぞれの機能、特長を比べた上で最終的にまとめると以下のようになります。

エックスサーバーを選ぶのはこんな方
  1. 安定感のあるしっかりとしたサービスを希望する方
  2. 安心なサポート体制を求める方
mixhostを選ぶのはこんな方
  1. スピードを重視したい方
  2. サーバーのサポートはそんなにしっかりしなくても大丈夫な方
Conoha WINGはキャンペーン中がお得 実際に使って実感したエックスサーバーの評判について エックスサーバーとConoHaサーバーを徹底比較