エックスサーバーとmixhostを実際に使って比較してみた

これからWordPressブログを作る場合、どのサーバーにしようか迷う方が多くいます。

特にエックスサーバーmixhostでは似ている部分が多いため比較が難しいです。

この記事は以下のような人におすすめ
エックスサーバーとmixhostはどっちがいいの?
それぞれのメリット、デメリットが知りたい
これからWordPressを始めるならどっちがお得なの?

私はエックスサーバーとmixhostの両方を実際に利用しているので細かい部分も含めて解説します。両者は似ていますが、それぞれには若干の違いがあります。
エックスサーバーの評判についてはこちらの記事をご覧ください。
エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット

比較の条件

両社の一番安いプランでも、一般的なWordPressサイトには十分な機能があるため、この記事では最安のプラン同士で比較してみました。

エックスサーバーは「X10」プラン、
mixhostは「スタンダード」プラン、
との比較です。

この記事は2021年3月15日時点の情報をもとにまとめています。
最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認ください。

エックスサーバー公式サイトへ

mixhost公式サイトへ

スペック比較表

スピードの比較

エックスサーバーとmixhostを比べた場合どちらの方が早いのでしょうか?

細かく調査方法までよく見ると、エックスサーバーは自社調べによるNo.1に対し、mixhostでは第三者機関による評価で表示速度満足度No.1を獲得しています。

極力同じ条件で比較するため、実際にWordPressを設置してみました。

測定用のサイトを設置

エックスサーバーの速度測定用サイト
エックスサーバーの速度測定用サイト
xserver.w-speed.net/

mixhostの速度測定用サイト
mixhostの速度測定用サイト
mixhost.w-speed.net/

Google PageSpeed Insightsでの測定結果

PageSpeed Insightsでの測定結果
PageSpeed Insightsでの測定結果

GTmetrixでの測定結果

サイトの表示速度をチェックできるツールとして有名なGTmetrixで計測してみました。

GTmetrixでの測定結果
GTmetrixでの測定結果
何度も計測すると毎回若干結果の数値が変わります。
速度比較の結論
測定結果はほぼ同じ
選ぶテーマや掲載する内容次第で速度は変わる

まずは基本的な機能・スペックを比較しました。
同じ部分はすべて省略し、違いがある箇所のみ表にしました。

契約・料金

※キャンペーンなどの料金は含めずに比較しています。

 エックスサーバーmixhost
初期費用3,000円無料
月額費用
(3ヵ月契約)
1,200円1,380円
月額費用
(6ヵ月契約)
1,100円1,180円
月額費用
(12ヵ月契約)
1,000円980円
無料お試し期間10日間なし
(30日間返金保証)
支払方法・クレジットカード
・銀行振込
・ペイジー
・コンビニ払い
・クレジットカード
・銀行振込
・PayPal
プラン変更上位への変更は翌月
下位への変更は
契約期限月の翌月
即時

月額料金については大きな差はありませんが、両社とも契約期間によって月額料金が変わります。

mixhostは初期費用がかからないので、初期費用を含めた総額を比較するとmixhostの方が安いです。

どちらも3ヵ月~のプランがあり、長期契約ほど月々の料金が割引かれるので12ヵ月以上のプランがおすすめです。
mixhostの料金プランの違いを徹底解説 両社は随時お得なキャンペーンを展開しているので、最新のキャンペーンについてはこちらをご覧ください。
エックスサーバーはキャンペーン中の申込みがおすすめ mixhostのお試し体験とキャンペーン内容について

機能・サービス

 エックスサーバーmixhost
OSLinuxCloudLinux
CPUAMD EPYC(Rome世代)Intel Xeon 36コア72スレッド
メモリ512GB256GB
ディスク容量300GB250GB
データベースMariaDB 10.5MariaDB 10.1または10.2
転送量目安900GB/日9TB/月
自動バックアップ
(Web・メール)
過去7日分過去10日分
WebサーバーソフトnginxLiteSpeed
データセンター国内東京都内
簡単インストール機能WordPress
EC-CUBE
PukiWiki
WordPress
など多数
メーリングリスト作成×
メールマガジン作成×
エックスサーバーとmixhostではサーバーのスペックに大きな差はありません。

ディスク容量も200GBも使うサイトなどはほとんどないので、ほぼ無制限と考えて良いでしょう。

サポート

 エックスサーバーmixhost
お問合せ方法メール
電話
メール
初心者にとってはサポートが充実している方が安心です。
エックスサーバーのメールサポートは24時間対応なので、真夜中でもメールの返信が来ます。

さらにエックスサーバーは電話サポートにも対応しているので、電話ですぐに解決したいという場合は営業時間内なら電話で解決することができます。

その他

 エックスサーバーmixhost
運営会社エックスサーバー株式会社アズポケット株式会社
運営歴
2003年7月~

2016年6月~
国内シェアNo.1
(190万件)
不明
運営歴がダントツに長い分、実績が豊富なのはエックスサーバーです。
エックスサーバーには安定した運用を行うためのノウハウが蓄積されているので、安定性で比較するとmixhostよりもエックスサーバーの方がトラブルが少ないです。

エックスサーバーのメリット

エックスサーバーのメリット
  • 抜群の安定感
  • 電話サポートがある
  • 管理画面がわかりやすい

抜群の安定感

エックスサーバーは国内シェアNo.1で190万サイトの実績があります。

スピードも高速で機能も十分なのに加え、サポート体制がしっかりしているので安定したサービスを提供している老舗サーバーです。

多くのユーザーは一度エックスサーバーを使うと乗り換えたりすることはないと思います。



サーバーが安定しているというのは、ダウンしたり障害が発生する頻度が少ないということです。

どのサーバーも24時間365日稼働することを保証しているものではなく、メンテナンスなどによってサイトが開けなくなってしまったり、突然の不具合でサイトが表示されなくなることがあります。
これがエックスサーバーの場合、限りなくゼロに近いのが特徴です。

サポートがしっかりしている

これからブログサイトを始めて作る初心者にとっては、何かトラブルが起きた時のサポート体制で選ぶことも重要です。

エックスサーバーは利用者が多いので、よくある質問や問合せ対応がしっかりとしています。

特に電話で受け付けもしているので、急いで対応する必要がある場合にも便利です。

何度か電話をしたことがありますが、つながらないということはありませんでした。

管理画面がわかりやすい

実際に利用してみるとサーバーの設定を確認したりする際に、サーバーの管理画面を使います。

エックスサーバーの管理画面は初心者にもわかりやすい工夫されています。

エックスサーバーのサーバーパネル

エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット

エックスサーバーのデメリット

エックスサーバーにはほとんど短所はありませんが、挙げるとすれば以下の2点です。

エックスサーバーのデメリット
  • 初期費用がかかる
  • プラン変更がすぐにできない

初期費用がかかる

mixhostは初期費用はかかりませんが、エックスサーバーは初期費用として3,000円がかかります。

最初に契約するときに月額料金に加えて初期費用を支払う必要があるので、高いと感じる方も多いようです。

随時キャンペーンを開催していて、初期費用が無料になったり半額になる期間もあるので確認しましょう

プラン変更がすぐにできない

エックスサーバーでは、プランの変更が可能ですがプランを変更する場合のタイミングに注意が必要です。

上位プランに変更する場合
月単位で変更なので、前月の1日~20日までの間にプラン変更の申請が必要です。
翌日1日から上位プランに切り替わります。

下位プランに変更する場合
利用期限月のみ申請が可能です。
前月の1日~20日までの間にプラン変更の申請をすると翌月1日から下位プランに切り替わります。

mixhostのメリット

mixhostのメリット
  • 初期費用が無料
  • 高速化を実現
  • バックアップも充実
mixhostの評判と4つのデメリット

初期費用が無料

mixhostはどのプランでも初期費用はかかりません。

多くのレンタルサーバーでは、初期費用が設定されています。
例えばエックスサーバーでは初期費用が3,000円、カラフルボックスでは2,000円となっています。

30日間返金保証

mixhostには無料のお試し期間ではなく、30日間返金保証が設けられています。

他のレンタルサーバーでは、無料お試し期間が一週間や10日間と設定されていますが、mixhostは30日以内であればいつでも返金が可能です。
しっかりとお試しをして納得してからサイト運営ができます。

サイトの高速化

WEBサーバーの種類として、Conoha WINGやエックスサーバーは「Nginx」(エンジンエックス)というサーバーを採用しているのに対し、mixhostでは「LiteSpeed」というサーバーを採用しています。

バックアップ体制が充実

mixhostでは過去14日分のデータをバックアップサーバーに保存しています。

復元する際は有料のサーバーが多いのに対し、mixhostでは復元費用も無料です。

mixhostのデメリット

コスパの良いmixhostの弱点は以下の2つです。

デメリット
  • 管理画面が初心者に不向き
  • 安定していない

管理画面が初心者に不向き

mixhostではエックスサーバーのような独自の管理画面は用意されていません。

cPanelという世界で使われているサーバーの管理ツールを利用します。
機能は豊富なのですが、初心者にとっては若干わかりづらいというのがデメリットです。

実際の管理画面のデモは以下のログイン情報で確認できます。

cPanel URL:https://jp5.mixhost.jp:2083/
ユーザー名:demo
パスワード:mix123@

安定していない

エックスサーバーに比べmixhostはサーバーが一時的に停止する頻度が高めです。

サイトの表示が遅くなったり停止することはありますが、データが消えるわけではありません。

メンテナンスや障害の場合がありますが、少しでも安定を望む方はエックスサーバーをおすすめします。

しかしmixhostでは万が一、サーバーが99.99%以下の稼働になった場合は、割合に応じて返金を行う品質保証制度も用意されていますので安心です。

mixhostのデメリットについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。
mixhostの評判と4つのデメリット

まとめ

エックスサーバーとmixhostサーバーのそれぞれの機能、特長を比べた上で最終的にまとめると以下のようになります。

エックスサーバーがおすすめな人
  • 少しでも安定したサーバーを選びたい方
  • 安心なサポート体制を求める人
  • エックスサーバー公式サイトへ

    mixhostがおすすめな人
  • スピードを重視したい方
  • サポートは少なくても大丈夫な方
  • 少しでもコスパの良いサーバーを選びたい方
  • mixhost公式サイトへ

    mixhostの評判と4つのデメリット ConoHa WINGはキャンペーン中がお得 エックスサーバーの評判エックスサーバーの評判とは?実際に使った感想とデメリット エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較