Google Meetでバーチャル背景を使うコツ

一般にも無料開放された「Google Meet」でWebミーティングを開催する機会が増えています。
しかし背景に映りこんでしまう物を片付けたり、明るさに気をつけなければならなかったりと、準備が面倒だという方もいます。

背景や自分の顔を変えて使うことができれば、そのような問題は解決します。

いわゆるバーチャル背景と呼ばれる自分の顔や体以外の部分を、仮想のものに置き換えられる機能を使えるようにしておくと便利です。

この記事ではGoogle Meetでバーチャル背景を使う方法とそのコツについて解説します

Google Meetでバーチャル背景を使う方法

Google Meetのサービス自体にはバーチャル背景を設定する機能はありませんが、カメラの映像を加工するソフトをつかってGoogle Meetでもバーチャル背景を映し出す方法があります。

おすすめなのは、Snap Cameraという別のカメラを選択しバーチャルな映像を映し出す方法です。

Snap Cameraは無料で利用できます。
その手順を解説します。

Snap Cameraをインストール

Snap Cameraのページからソフトをダウンロードします。
※パソコンのソフトなのでスマホでは利用できません。

Snap Cameraはこちら

トップページに表示されている「download」ボタンをクリックすると、以下ような画面が表示されます。

規約等に同意しチェックを入れ、メールアドレスを入力します。
※Google Meetで使うアドレスでなくてOKです。

Macの場合は「DOWNLOAD FOR MAC」を、Windowsの場合は「DOWNLOAD FOR PC」をクリックし、ソフトをインストールします。

Snap Cameraを起動する

インストール後、Snap Cameraを起動するとこのような画面になるので、自分の映像が映し出されていることを確認してください。

下にある様々な「Lens」と呼ばれる装飾の中から自分にあうLensを選択すると、適用された状態のプレビューが表示されます。

自分に合うLensを決めたらSnap Cameraをそのまま起動させた状態で、Google Meetを立ち上げてください。

Google Meetのカメラ設定を変更する

Google Meetの設定メニューから動画の設定を行います。
「今すぐ参加」をクリックする前のプレビュー画面の右下から設定を開きます。


設定を開くと以下の画面が表示されます。


動画の設定欄を開き、カメラの項目から現在選択されているPCのカメラから「Snap Camera」を選択します。

これで動画はSnap Cameraの映像がGoogle Meetに映し出せる状態になるので、このままミーティングを開始します。

Snap Cameraが使えない場合はこちらの記事をご覧ください。
【解決】Snap Cameraが使えない時の原因と対処法

ポイント
Snap CameraのLensはミーティングの途中でも変更することができます。
あらかじめお気に入りのLensを見つけておきましょう。

Snap Cameraはバッググラウンドで起動状態になっているので、ノートパソコンなどの場合は電源の消費が少し早くなります。

【2020.6.11更新】Google Meetの使い方と使いこなすコツ 【zoom】バーチャル背景で顔を変えるポイント・顔が透ける場合