ColorfulBoxの評判について

エックスサーバーやmixhostといった価格帯のレンタルサーバーに並んで最近徐々に人気がでてきたカラフルボックス。

実際にどんな機能があり、なぜ評判が良いのか。

この記事では、初心者やこれからサーバーをレンタルしようとする方にとって、カラフルボックスの評判や機能、メリット等をわかりやすくまとめました。

カラフルボックスの基本情報

ColorfulBox(以下、カラフルボックス)とは、株式会社カラフルラボ(本社:大阪)が提供するレンタルサーバーのサービス名称です。

レンタルサーバーのサービスは2018年7月26日から提供を開始した比較的新しいサービスです。

後発のレンタルサーバーであるため、既存の各社のサービスよりも良いところがたくさんあります。

カラフルボックス7つのメリット

表示速度が早い

サイトを高速に表示させるための仕組みや機能が多く実装されているので、一般的なサーバーよりも特にWordpressサイトの表示速度を早くすることができます。

カラフルボックスのサーバーはmixhostと同様、高速WEBサーバー「LiteSpeed」を利用しています。

そのため「LiteSpeed Cache」というサイトの高速化をすることができるプラグインソフトを組み合わせて利用することができます。★

さらにHTTP/3表示にも対応した数少ない高速化にこだわったサーバーです。

スペックの割に値段が安い

一般的に、レンタルサーバーの中にはいわゆる激安サーバーと呼ばれる月額100円程度からレンタルできるサービスから、エックスサーバーのように月額1,000円程度の価格帯のサービスがあります。

月額100円程度のサーバーは安いなりのスペックなのであまりおすすめできません。

最低でも月額500円程度からでないとあとで後悔すると思います。

カラフルボックスの最安プランは月額480円~となっていますが、エックスサーバーやmixhostとの差はそれほどありません。

プラン変更が自由

通常、レンタルサーバーではプランに応じて容量や転送量が決められていて、その範囲を超えるとサーバー全体の負荷がかかってしまい他のユーザーに迷惑がかかることなどから、サイトが表示できなくなったり制限がかかる場合があります。

こうした場合、上位のプランに変更することで対応できるのですが、レンタルサーバーによってはプランの変更が月単位だったり縛りがあり、柔軟に行えないことがあります。

カラフルボックスは、クラウドサーバーベースで運用されているためプランの変更が柔軟に行えます。
すぐにプラン変更が行え、料金は日割り計算されます。
そのため、もし急激にアクセスが増える予定があれば一時的に上位のプランに上げるということも可能です。

バックアップ先が分散されている


カラフルボックスの特長的なメリットの1つは、災害対策がしっかりと取られている点です。

日本の国内サーバーは東京や大阪のどちらかにデータセンターを置いていることが多いですが、カラフルボックスでは東京と大阪にそれぞれデータセンターを持っています。

そしてどちらのデータセンター(サーバー)を利用するかを選ぶことができ、その選んだ方ではないデータセンターにバックアップ用のデータを保存するようになっています。

もし東京のユーザーが多いサイトであれば東京のリージョン(データセンターの位置)を選択することもでき、その場合はバックアップ先は大阪のデータセンターになる、ということです。

これによって大きな災害が起きて万が一、片方のデータセンターが機能しなくなっても、データが消滅してしまうことを防げます。

独自ドメインとセットで取得できる

通常、WordPressのサイトを立ち会上げるためにはサーバーをレンタルする他に、独自ドメインをドメイン取得サービスを使って取得する必要があります。

しかしカラフルボックスでは、そのドメイン取得も含めてコントロールパネル上で行えるので別なIDやパスワードを管理する必要がなく一括で管理ができます。

しかも業界最安値レベルで独自ドメインの価格が安く設定されているので、サーバーと一緒に独自ドメインを取りやすくなっています。

ColorfulBox公式サイトで見る

サポートが充実している


レンタルサーバーを借りる初心者にとってかなり重要になってくるのが、何かあった場合のサポート体制です。

カラフルボックスでは一般的なレンタルサーバーであるメールやチャットのサポートの他に、電話サポートにも対応しています。

しかも電話サポートは24時間受付という体制です。
技術的な内容や個人情報が必要なお問合せには対応できませんが、契約や料金に関するお問合せは24時間受け付けています。

技術的なお問合せはメールもしくは、チャットで平日9:30 ~ 17:30のみ対応しています。

初期設定代行サービスがある

エックスサーバーやmixhostにも簡単にWordPressサイトが構築できるような簡単インストール機能は用意されていますが、カラフルボックスでは「あんしんスタート」というサービスが用意されています。

サーバーの契約時した後にこの「あんしんスタート」を申し込むと、ドメインとサーバーの紐づけやWordPressのインストールなどの作業を丸ごと代行してくれます。

費用はかかるものの、WordPress初心者にとっては難しい操作や設定は一切不要で、申し込みをするだけでWordPressのサイトが完成します。
時間の節約にもなるので初心者の方には特におすすめなサービスです。

現在他社のサーバーでWordPressを運用している方がカラフルボックスに移行を希望する場合は、1サイトにつき12,800円で手間のかかるWordPressの移行作業をすべて行ってくれます。

専門のプロに依頼すれば、移行の際にデータが消えてしまったり、ページが表示されなくなる心配もありません。

30日間の無料お試し期間がある

ほとんどのレンタルサーバーでは無料のお試し期間が設けられていますが、だいたい1週間や10日間が一般的です。

カラフルボックスの無料お試し期間は30日間なので、気になる機能や実際の操作をじっくりと試すことができます。

しかもお試し時にはクレジットカード情報も必要ないので、勝手に課金されるというような心配はありません。

カラフルボックス2つのデメリット

かなりメリットの多いカラフルボックスですが、デメリットを挙げるとすると以下の2点です。

サービスを開始してから日が浅い

さくらのレンタルサーバーやエックスサーバーなど10数年もの間サービスを提供してきた会社と違い、カラフルボックスは2018年7月からレンタルサーバーの提供を開始した比較的新しいサービスです。

新しいからよくないというわけではありませんが、障害の対応などのノウハウは長年にわたって経験してきたことが復旧にも活かしやすいので、万が一、障害が発生した場合などの不安要素として挙げられます。

転送量が少なめ

カラフルボックスは他の月額1,000円程度のレンタルサーバーと比較すると、データの転送量制限が少ないです。
ほとんどの方は気にする必要はないと思いますが、万が一サイトへのアクセスが増えて、転送量の上限をオーバーしてしまうようなことがあると、サーバーを利用できなくなる恐れがあります。

ただし、前述の通りカラフルボックスはプラン変更が柔軟に行えるので、上位のプランに変更して転送量の上限を増やすことが可能です。

カラフルボックスの料金プラン

3ヵ月以上のプランであれば初期費用が無料です。(1か月プランのみ初期費用2,000円が発生します。)

BOX1~BOX8までのプランがあり、長期契約ほど割引が適用されます。

プラン変更が柔軟にできるのでまずは最安プランのBOX1をご紹介します。
(実際にはBOX2プランが一番おすすめです。)

BOX1とBOX2の差は大きい

以下の表がBOX1とBOX2の違いです。

 BOX1BOX2
ディスク容量100GB300GB
vCPU14
メモリ1GB4GB
転送量1T5T

12ヵ月契約の場合、BOX1は580円、BOX2は1,060円という差はあるものの、スペックで比較すると断然BOX2の方がお得だと言えます。

ColorfulBox公式サイトで見る

カラフルボックスの最新キャンペーン

2020年10月15日現在では、開催中のお得なキャンペーンはありません。

年に数回は期間限定のキャンペーンを開催してきているので、最新の情報がアップデートされたらお知らせします。

まとめ

ここまでカラフルボックスの評判やメリット・デメリットを紹介してきましたが、最終的にどんな人がカラフルボックスを使うのが最適なのでしょうか。

カラフルボックスが向いている人
・月額500円程度でスタートしたい
・30日間は無料で試してみたい
・初期設定などはプロにお願いしたい
このような方はカラフルボックスを選ぶことをおすすめします。

一方で、カラフルボックスに向いていない方は以下のような方です。

カラフルボックスが向いていない人
・安定したサーバーを使いたい
・とにかく安いサーバーにしたい
・土日祝日もサポートが欲しい



ファスティングのコツ