【2021年版】WordPressの有料テーマおすすめ5選

これからWordPressブログを始める場合、最初から有料テーマを活用することをおすすめします。

初心者だから無料テーマで良いんじゃない?と思われるかもしれませんが、実は逆です。

この記事は以下のような人におすすめ
無料テーマか有料テーマで迷っている
おすすめの有料テーマが知りたい
有料テーマを選ぶポイントを知りたい

WordPressのテーマとは

WordPressのテーマはデザインのテンプレートのように、気に入ったものを選んで使えます。

途中でテーマを変更しても、記事のデータは引き継いて利用できますが、見た目に関わる部分は崩れてしまいます。

途中でテーマを変更することがないように、ブログを始める最初によく検討しましょう。

おすすめ有料テーマ5選

SANGO


有料WordPressテーマのSANGO(サンゴ)は、ブログや記事を読んでもらうためのサイト向けテーマです。

買い切りタイプの有料テーマなので、一度購入すると自身の他のサイトにも利用できます。

このサイトはSANGOを利用しています。

STORK




有料WordPressテーマのSTORK(ストーク)は、ブログ用に開発されたテーマです。

シンプルでありながら柔らかく可愛らしいデザインのブログを作ることが出来ます。

記事を読みやすく装飾することができるので、しっかりと記事を書くタイプのサイトにおすすめです。

THE THOR




有料WordPressテーマのTHE THOR(ザ・トール)は、美しくオシャレなブログを作りたい方向けのテーマです。

SEOの基本設定やレスポンシブでの見せ方にもこだわっているテーマで、カスタマイズも自由にできるのが特徴です。

多くのアフィリエイターも利用しているテーマです。

TCDシリーズ


有料WordPressテーマのTCDは、目的別にデザインされたテーマを販売している会社です。

デザインにこだわったテーマを、次々と新しいテーマを発売しているので、ラインナップが豊富です。

購入したテーマは自身の所有するサイトに限り、複数サイトに利用することができます。

有料テーマのメリット

有料テーマを使う4つのメリット
  • デザインの完成度が高い
  • 機能が豊富でカスタマイズしやすい
  • 目的にあったテーマを選べる
  • サポートがしっかりしている

デザインの完成度が高い

有料テーマはおしゃれなものが多く、デザインの完成度が高いので、独自にデザインをする手間が省けます。

テーマを購入してすぐに見た目が整ったサイトを公開することができ、制作にかける時間を短縮することができます。

無料テーマは自分で作り込んでいく部分が多いですが、有料テーマは整っているので当てはめていくだけでオシャレなサイトを作れます。

機能が豊富でカスタマイズしやすい

有料テーマは、無料テーマと比べると機能が豊富にあります。

特に、記事を書きやすい工夫がされていたり、文字を読みやすく装飾する機能などが無料テーマと大きな違いです。

目的にあったテーマを選べる

有料テーマの多くは、サイトのジャンルや目的に合わせて作られています。

ブログ向け以外にも、コーポレートサイト向けや、サロン向けなど、業種や業態に合わせたテーマも販売されています。

サポートがしっかりしている

有料テーマは購入した後も、不具合がでた場合や使い方についても質問ができるようになっています。

特にアップデートをすることで最新のテーマを利用することができます。

有料テーマと無料テーマの違いについてこちらの記事もご覧ください。
【2021年版】WordPressおすすめ無料テーマ3選

有料テーマのデメリット

有料テーマの2つのデメリット
  • 初期費用がかかる
  • 他のサイトと似たデザインになることもある

初期費用がかかる

有料テーマの価格帯は、5,000円~3万円くらいのものが多いです。

これからWordPressを始める方にとって、レンタルサーバーを契約したりドメインを取得したり初期のコストがかさむので、テーマ料金は節約したいという方が多いです。

他のサイトと似たデザインになることもある

人気の有料テーマは、数多くのサイトで利用されているいのでよく見かけることがあります。

カスタマイズをあまりしないでそのまま使うと、ほとんど見た目が同じサイトになり、オリジナリティに欠けます。

有料テーマを選ぶポイント・注意点

  1. デザイン
  2. 価格
  3. 機能・カスタマイズ
  4. 表示速度

デザイン

有料テーマはあらかじめデザインの枠が整えられているので、当てはめていくだけでデザインの整ったサイトを作れるようになっています。

業種やサイトの目的別に販売されているテーマもあります。
購入する前にデモサイトでデザインを確認し、イメージをつかんでおきましょう。

価格

有料テーマは数千円~3万円くらいのものが主流です。

高いほど高機能、というわけではないので予算に見合ったテーマを選びましょう。

機能・カスタマイズ

高機能なテーマが多いですが、実際に使いたい機能が搭載されているテーマを選びましょう。

テーマ自体に組み込まれていない機能は別途プラグインで補うこともできるので、こだわり過ぎないようにしましょう。

表示速度

ページの表示速度は、ユーザーに対してもGoogleの評価にとっても重要です。

どんなに早いサーバーを使っていてもテーマ自体が遅いと、ページの表示速度を改善することができません。
デモサイトの表示速度を計測するなどして、購入前に確認しましょう。

まとめ

有料テーマのまとめ
目的別やサイトにあったデザインを選べる
サイト完成までの時間を短縮できる
機能が豊富なので、記事も書きやすい

レンタルサーバーのConoHa WINGなら有料のテーマを割引価格で購入できます。
【実体験】ConoHa WINGサーバーの評判と3つのデメリット テーマの選び方についてはこちらの記事も参考にしてください。
【初心者向け】WordPressテーマの選び方と6つの注意点