【初心者向け】Googleサーチコンソールの使い方

Googleサーチコンソール(Google Search Console)とは、Google検索に関する分析ツールのサービス名です。

Googleアナリティクスと同じく、サイトの改善に活用することができるので、ブログ運営には欠かせないツールです。

Googleサーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールを使うには登録が必要です。

全ての機能を無料で使うことができるので、ブログを立ち上げたらGoogleアナリティクスと同時に設定することをおすすめします。

Googleサーチコンソールを使う理由
  • 検索されているキーワードがわかる
  • ページの問題点がわかる
  • どのページからリンクされているかがわかる

検索されているキーワードがわかる

サーチコンソールにある「検索パフォーマンス」という機能では、ページごとや検索ワードごとに、Google検索の検索結果に表示された回数や、その時の掲載順位、クリック数、クリック率を知ることができます。

一般的なアクセス解析ツールでは、ページに訪問した後のユーザーの行動しかわかりませんが、サーチコンソールではサイトに訪問する前(Googleの検索結果上)のデータも得ることが出来ます。

ページの問題点がわかる

ページに問題がある場合、状況やどこに問題があるのかを知ることができる機能があります。

よくある質問で、「なぜGoogleの検索結果に表示されないの?」という問いに関しても、そもそもGoogleに発見されていないのか、ページに問題があるから表示されていないのか、など問題の切り分けができます。

セキュリティ上の問題で警告を受けていたり、ペナルティによって検索結果に表示されない状態になっても、サーチコンソールで把握することができます。

どのページからリンクされているかがわかる

Googleの検索順位は、被リンク(他サイトからリンクを張ってもらうこと)も検索順位に影響しています。

実際にどのページからリンクが張られているのかを知ることができます。

Googleアナリティクスとの違い

GoogleアナリティクスもGoogleサーチコンソールもGoogleが提供する無料のサービスで、サイトの改善を行うにはどちらも重要なツールです。

Googleアナリティクスは、トラッキングコードをページに埋め込むことによって、ユーザーの行動を記録するものです。
ユーザーの属性や訪問経路、サイトでどんな行動をとったのか事細かに知ることができます。
一方、Googleサーチコンソールは、サイトに訪問する前のデータや、ページの診断もできます。

サイトの登録方法

Googleサーチコンソールを使うには、最初にサイトを登録する必要があります。
自身で管理できる状態になっているサイトのみを登録することができます。(他人のサイトを勝手に登録することはできません)

STEP.1
Googleサーチコンソールにアクセス
Googleで「サーチコンソール」と検索または、Google Search Consoleのページから「今すぐ開始」をクリックします。

STEP.2
URLの入力
これからサーチコンソールの管理に使うGoogleアカウントでログインしてください。

(※画面右上に表示されているGoogleアカウントに紐づかれるので、もし違うアカウントで登録した場合はこの時点でログインしなおしてください。)

ログインしている状態であれば、以下の画面が表示されるので、右側のURLプレフィックスという枠の中に登録するサイトのURL(トップページ)を入力し、「続行」してください。

URLプレフィックス側にサイトのトップのURLをhttpsを含めて入力してください。
https://www.example.com/ のように入力すると、
https://www.example.com/m/ など配下のページも網羅されます。

STEP.3
所有権の確認
登録するサイトがあなたの管理下にあるサイトなのかを確認します。
サイトの所有権を確認する方法は複数あるので、どれか1つの方法で確認ができればOKです。

おすすめの確認方法として「HTMLファイル」となっていますが既にGoogleアナリティクスで計測ができている場合は、「Google Analytics」を選択すると自動的に確認がとれます。
それぞれの確認方法について解説します。

サイトがあるサーバーにファイルをアップロードできる場合は、htmlファイルをダウンロードし、FTPソフトなどでダウンロードしたファイルをアップロードしてください。
その後、「確認」をクリックすれば所有権の確認が完了します。

この方法は、指定されたメタタグを内に張り付けて確認する方法です。

WordPressの場合は、WordPress管理画面にログインし、「外観」→「テーマエディター」からheader.phpのファイル内に張り付けることができます。
※正しい操作をしないと、サイトの表示が崩れてしまう可能性があるので、タグがわからない方にはおすすめしません。


もしサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが埋め込まれている場合で、同じGoogleアカウントを利用している場合は、この確認方法が最も簡単です。
確認ボタンを押すだけで自動的に確認作業が完了します。

この方法も、もしGoogleタグマネージャーのタグが埋め込まれているサイトで、同じGoogleアカウントを利用している場合は、この確認方法が最も簡単です。

この確認方法は、サイトを操作することができない特殊な状況の時に利用します。
もっとも難しい確認方法なので、他の確認方法ではどうしても確認できない場合のみ利用してください。

サーチコンソールの基本的な使い方

新しい機能が順次追加されていきますが、まずは以下の2つをしっかりと使えると効果的です。

検索パフォーマンス

Googleサーチコンソールの最もよく使われる機能に「検索パフォーマンス」というメニューがあります。
これは、Googleの検索結果に表示された時の検索語句や、表示回数、クリック数、クリック率がわかるものです。

URL検査

「URL検査」では指定したURLのインデックス状況を確認できます。

新しく公開したばかりの記事はこの画面から「インデックス登録をリクエスト」をすることによって、より早くGoogleにインデックスされるようになります。

その他、ユーザービリティなど、ページに問題があればお知らせしてくれます。

サーチコンソールに関するよくある質問

サイトへのアクセス数を増やしたい場合は「検索パフォーマンス」を確認することをおすすめします。
はい。
Googleアカウントを持っているユーザーであれば、複数の方にアクセス権を付与することができます。
いいえ。
そんなことは一切ありません。
Google検索結果のデータを得られる便利なツールなので、登録することをおすすめします。
いいえ。
Googleアナリティクスはサイトに訪問したデータしか取得できないのに対し、Googleサーチコンソールではサイトに訪れる前のデータも取得できるので、マーケティングに役立てることができます。